written by hoifa



2020.04.01 Wednesday

「会長就任ご挨拶」


始めに
 今の日本を築き上げた高度経済成長期の象徴というべく1964年の東京オリンピック開催よりはや56年。本来ならば半世紀ぶりの夏季オリンピック国内開催で沸き立つ年でしたが昨今の新型コロナウイルス拡大により大会自体の延期が決定を致しました。私たち人間は、世界的困難に立ち向っていく知恵や勇気を持っており、このコロナウイルス感染拡大も必ず終息するものだと確信をしております。また発病をされました皆様、ご家族の皆様、また関係者の皆様にはお見舞いを申し上げますと共に、皆様の快復を切望しております。

 東大阪市国際交流協会の会長を拝命いたしました城戸 総一郎と申します。どうぞ宜しくお願い致します。
 私たちの団体は1959年旧布施市とベルリン市(ヴェディング自治区)との姉妹都市提提携締結、そして翌年の1960年の旧枚岡市とアメリカ合衆国グレンデール市との姉妹締結を中心とした姉妹都市協会としてスタートし、昨年はラグビーワールドカップ花園 大会や日独市民交流60周年記念式典等、様々な国際交流事業や各種大会が行われました。また近年では多種多様な国籍の方々が在住されており、東大阪市が国際色豊かな街に変化しております。そのなかで様々な文化や学びを市民の皆様とともに共有していかなくてはならないと考えており、会員の皆様にはご理解を頂きながら、様々な国際交流事業に取り組んで参ります。
 結びになりますが東大阪市の国際化並びに東大阪市国際交流協会の発展の為、非力ではございますが、任期を戴きました時間を精一杯努めていく所存でございます。これからも どうぞ宜しくお願い申し上げます。

令和2年4月1日
東大阪市国際交流協会
会長 城戸総一郎



管理用