written by hoifa



2020.03.31 Tuesday

「会長退任のご挨拶」


 桜の開花の便りが聞かれる頃となりましたが、ご健勝のこととお慶び申し上げます。皆様には当協会の活動に対して一方ならぬご尽力を賜り、誠にありがとうございます。
 私は、平成24年(2012年)より協会の会長職を拝命し、4期8年皆様の暖かいお力添えをいただき協会活動に取り組んでまいりましたが、昨年 誘致委員会から参加しておりました「ラグビーワールドカップの東大阪花園開催」も無事成功裡に終わり、また「日独市民交流60周年記念式典」もメアーケッター領事様御参加のもと盛大に終えることができ安堵しております。時代も「平成」から「令和」に代わりましたのでここで一区切りがついたと考え、3月31日の任期満了をもって退任いたしたく、臨時総会にて了承をいただきました。
 在任中はみなさまから暖かいご支援、お助力を賜り、微力な私を支えていただいたこと心より感謝いたします。本当にありがとうございました。
 在任中の思い出は、2013年ドイツ・ベルリンのウェディング都市友好協会20周年に参加したことです。ミッテ区長のハンケさんが多忙のため私との面会を一度キャンセルされたにもかかわらず、後日クッツェラ・エゴン会長とともに食事に招待してくださったことです。ドイツ人にも「情」があるなと感じました。また、国際理解講座ではさまざまな外国人講師の方を迎え、いろいろなお話やお料理を楽しみました。本当に貴重な体験の連続でした。
 新会長は、国際関係の経験もあり、また高い知見の持ち主であるので、今後協会の更なる発展に尽力していただけるものと確信しております。
 8年間お世話になり、本当にありがとうございました。

令和2年3月吉日

東大阪市国際交流協会
会 長 藤井 竜太郎



管理用