written by hoifa



2018.06.29 Friday

公開 「国際理解講座」の開催



2018年6月28日 東大阪市国際交流協会、東大阪市、大阪府立花園高校の3団体の主催による「公開 国際理解講座」を花園高校の視聴覚教室にて 関西学院大学教授 神余 隆博先生(元 駐ドイツ大使)をお迎えして「ドイツを中心とした最近のヨーロッパ事情」、「真の国際人になるために」というテーマでお話をいただきました。
真の国際人になるためには、「常識に裏付けられた人間力」「交渉と弁論」「社交性」「誠意と人道」「責任と奉仕」「正論と説得」「世界を知ること」と様々な能力が必要であるが、基本的な価値観をしっかり身に付け、日本人としての矜持を持ち、そのうえで他者や多文化への寛容と理解を有することが大切であると述べられました。
そして、日本衰退のトレンドに終止符を打ち、国際競争力を強化するためには世界に通用する若者の育成が急務であると花園高校生に檄を飛ばされました。



管理用